teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成

新着順:8/1540 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

Re: ガルモデルのキット

 投稿者:きよきよガンバ  投稿日:2019年11月11日(月)23時58分52秒
  通報 返信・引用
  > No.2460[元記事へ]

管理人さんへのお返事です。

> 製作されたガルモデルの機体の数が20機超えとは驚きました。F-1の鈴木さんとは鈴木亜久里さんのことですね。

いいえ、埼玉・所沢の模型店「エフワン」の店主をしていた鈴木岳さんのことです。30年ほど前に初めてこの店を訪れ、そこでガルモデルのライハーや頓所を作っている鈴木さんに会いました。鈴木さんが当時師と仰いでいたのが一条さんで、ぼくも鈴木さんから一条さんのことを教えてもらったのです。鈴木さんが店をたたんでペンションを始めるときには、一条さんからゆずってもらったという機体をそのまま何機ももらいうけました。そしてついに自分もガルモデル教の信者になってしまったというわけです。


> 「ガルキチ」とは的を得ていますがもう一人おられるとは。オークションの落札価格があがるので大変ですね。

そうですね。困ったものです。ぼくはキットのコレクターではなくて、散逸するガルモデルの図面をデジタル保存して残したいと思っているだけなのですが。

>
> 本題のホルテン1の製作記事ですが、このファイルの最後の記事が該当するように思いますが?
> 一条卓也変形RCグライダー全9回

いつか送っていただいた資料ですね!確かに、ラジコン技術に書かれたのは82年4月号とあり、モデルジャーナルより前のことですね。ただ、図面には「モデルジャーナル83年11月号を参照のこと」とあるのです。ラジ技以降、多少改良をしたということでしょうか?
どこをどう変えたのか知りたいですね。

このところ無尾翼機にはまってしまい、いろいろ手がけています。オーストラリアのマイクロンモデルス製のデプロンの無尾翼グライダー(FF、スパン43センチ)に、トイラジのツインモーターをつけて、デルタンの43d受信機、30mAの1セルリポをつけたら7,2グラムで仕上がり、体育館の中で左右のモーターコントロールだけでよく飛びました。そこで気をよくして3倍に拡大して外用のを作っていますが、さすがに外ではうまくコントロールできず風にあおられて操縦不能、エレボン仕様として作り直しています。ホルテン1も電動化しようと思ってます。


 
 
》記事一覧表示

新着順:8/1540 《前のページ | 次のページ》
/1540