teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:30/625 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

?さんへ

 投稿者:べんさんより  投稿日:2011年 4月 4日(月)13時47分17秒
  通報 返信・引用
  こんにちはV(^0^)

今日もいい天気です。

桜が咲き始めました。

咲き始めは遅いですね。

げんきですか?

あしたから、春の陽気になっていくということです。

嬉しい。

春は、ピンク色。気持ちが暖かくなりますね。元気がでてきます。

震災に合われた人達も、元気をだして欲しいですね。

東北地方は(三陸地方)津波の被害に何度もあってきました。だから、「津波てんでんこ」という言葉あって、歌もあるそうです。「てんでんこ」とは、てんでんバラバラという意味だそうです。親子でも、手をつないで逃げてはいけない。てんでんばらばらに逃げなければならないなというのだそうです。
 この言葉があるように、三陸では、何回も津波の被害があり、その度に立ち直っててましたし、そこから逃げないで、そこでくらし続けてきた訳です。

 だから、被災した人達のなかで、もう、漁にでる準備をし始めている人達がいます。
 生き残った人間は生き続けなければならないわけです。
 生き続けていくことが、心だ人の供養になるはずです。
 人間は、しつかは死にます。ですから、震災に合わなくても、死んでいくひとと、生きていくひとがいる訳です。
 だから、震災に合われた人達は、生き続けていく努力を始めた訳です。人間にはそういう強さをもっていると思いますし、そう考えていくことが必要だと思います。

 わたしたち、不登校も同じことがいえるような気がするのです。不登校になった私たちは、震災で生き残った人間と似ているようです。
 不登校という、大地震が起きた。そのなかで、引きこもりになってしまったり、自殺してしまったり、鬱になってしまったりしている人達がいる。そのなかで、今、自分は、安全なところにいることが出来ている。
 では、どうやって生き続けて行ってやろうか!と考えて実行していくことが大切なんだと。そう思う訳なんです。
 不登校になったことは、もう消せない。ならば、これたら、どう生き続けて行ってやろうかとね。

 ?さんが選んだ、校則のない学校。
 これからが、楽しみですね。

 
 
》記事一覧表示

新着順:30/625 《前のページ | 次のページ》
/625