teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:94/625 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

(無題)

 投稿者:べんさん  投稿日:2010年 9月14日(火)11時53分2秒
  通報 返信・引用
  こんにちは(^-^)

やっと、秋空が広がりましたね(^-^)

さわやかです。

でも、このさわやかな天気とは対照に?さんの気持ちは晴れやかでは無いのかな?

先週の金曜日の相談員との言い合いはどんなものだったの?

「初めての反抗」と書いてあったけれど、

成長したんではないですか(^-^)

「反抗」とは言うけれど、それは「自己主張」でしょ。

自分の意見があって、それと相手が違うということでしょ。違いをはっきりさせることはとっても良いことです。

それを、世の大人たちは「反抗」というわけですが。・・・「反抗」の反対語はなんでしょう?・・・「反抗」の意味は「年上や、権力・権威などに従わないこと」です。ですから、その反対語は「従順」とか「服従」とか「素直」とかとなりますかね(^-^)

と、いうことは、学校や親が子どもたちに対して要求することは、「服従」です。それはちょっいとおかしいではありませんか。

「尊敬」「敬意」と「従順」「服従」は違うのです。

そこのところでどうしても、先生や親との間には壁ができてしまう。

意見は「対立」するものです。「対立」とは、「違う」ということ。

その対立を解決するために、「対話」をしなければならない訳です。

一年前に、金子みすずの詩「私と小鳥と鈴と」をしうょかいしましたね。

そのなかで「みんなちがって、みんないい」というフレーズがありました。

「違って」「(そのとれもが)みんないい」という内容でした。

「違い」がはっきりするということはとっても大切なことなのです。

だから、?さんは、その違いを今回はっきりしようとしたんでしょ。

だから、「成長したね」と言ったのです。

一歩また、踏み出しましたね。

「服従」の関係では嫌だ、「対等」の関係になりたい。という?さんの成長したいという気持ちのあらわれなんですよ。

自分の人生の主人公になりたいという気持ちは、とっても大切なことです。

そのためには、しっかりと自分の頭で考えるようになること。相手の意見をしっかりと聞くことが求められます。

せんせい、相談員の人はなんと言っていましたか?(^ー^)
 
 
》記事一覧表示

新着順:94/625 《前のページ | 次のページ》
/625