teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:98/625 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

(無題)

 投稿者:べんさん  投稿日:2010年 8月31日(火)20時19分8秒
  通報 返信・引用
  こんにちは(^-^)

夏休みも終わりますね。夏はまだまだ終わりそうにありませんがヽ(´▽`)/

時は無情にも過ぎて行きます。楽しい日々も、ここに立ち止まってはくれません。

その代わり、つらい日々もここに立ち止まることはしません。

もう少しです。卒業も(^-^)

高校体験はどうでしたか?

あしたから、現実がはじまります。

いままで通り、頑張ることをしないで、ファイトでいきましょうね(^ー^)

ところで、こんなこと考えたことありますか?

それは、教室で授業を受けている人達はそれで、安泰なのだろうか?と。

わたしたち不登校は、それなりに辛い思いをして生きています。不安もかかえています。

では、教室に通っている生徒達はどうなのだろう?わたしたちと同じ、生き辛さを感じているのだろうか?と。

ぜひ、観察をして見て下さい。

俗に学校の先生は、不登校は我慢(信奉)が足りないといいます。
しかし、それは、本当でしょうか?

不登校(相談室登校)だって、我慢しています。

教室ですごしている生徒と相談室ですごしている生徒も共に、同じ我慢をしているのではないでしょうか?

教室に行っているから、学校に行っているから、それで、安心だ、将来は大丈夫だと、言えるでしょうか?

わたしはそうとはまったく思いません。

学校に行くこと、教室で授業を受けることが、これからの人生のパスポートだなんて言えるわけはありません。そんなものにはなりません。

問題は、自分があたえられ条件のなかで、いかに生きていくかです。

本物を見つけ、本物になれるかどうかです。

だから、みんな同じ生きづらさをもっているのです。

どっちがいい、どっちがだめというわけではありません。

中学生生活(義務教育と言ってもいいけれど)最後の半年です。
いままでを振り返りつつ、これからの自分を見つめて下さい。
失敗してもいい、いつでもチャレンジ精神を忘れずに(^ー^)

悔いのないじんせいをV(^0^)。
 
 
》記事一覧表示

新着順:98/625 《前のページ | 次のページ》
/625