teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


地球温暖化

 投稿者:甲斐の山申  投稿日:2018年 7月22日(日)16時49分12秒
  何事にも裏と表があるのが世の常、この暑さを歓迎している業界もあるのでしょうね。津曲氏の今夜はビールか酎ハイかで気がつきました。都会のビヤガーデンや焼き鳥屋は盛況だしクーラーや扇風機も売れてるのでしょう。ところで、長谷部氏の投稿で、この暑い時期に学校では行事が多い・・・・ですが確かにそのような傾向は昔から学校にはあります。私も思い出しますが、三学期制の学校は7月の上旬に1学期の期末テストが終わります。教員はテストの採点や通信表の作成があり大忙しでとても授業などやっていられません。そこで、生徒は生徒会などが主催する球技大会や学園祭などになります。この時期、授業の代わりに全体行事が組まれるのにはこんな理由もあるのです。このことは昔も今も特に変わったことではないのですが昔はこんなに多くの児童・生徒が救急車で搬送される現象はなかったのでやはりこれも最近の異常気象、温暖化の影響が出ているのかと思います。とにかく、安全な場所である学校などで命が奪われるようなことはあってはならないことで関係者は心しなければいけないですね。本日も38度、身の置き所がありません。  
 

最高温度

 投稿者:津曲 潮  投稿日:2018年 7月22日(日)11時14分21秒
  連日各地の最高温度が報道されています。35℃はもうあたりまえ、38℃、39℃の場所もありますが、これは気象台が百葉箱で計った温度。百葉箱の条件は、照り返しを防ぐため風通しの良い芝生の上、箱の高さは1.2mから1.5m、直射日光を反射するよう白色で塗られている事などが必要です。しかし体に与える実態温度は、舗装された道路に突き刺さる直射日光とその反射、林立するビルや家屋から排出される熱風、車からの排気ガス等で+α℃の暑さです。街で時々見かけますが、犬を散歩させている人、幼児をベビーカーに乗せている母親、地面に近いほど暑くなります。気が付いて欲しいものです。

さて、今晩はビールか冷酒か、それとも焼酎のロックか。
 

熱中症の危険

 投稿者:はせべ  投稿日:2018年 7月21日(土)14時49分6秒
  西日本豪雨や連日の猛暑は自然の本当の恐ろしさを我々に示している。小田切さんが危惧するように、地球温暖化のあらわれと見るのが妥当かも知れない。
特に全国規模の猛暑はまさに「命の危険」規模になっている。テレビでは頻繁に熱中症への備えをうったえているにもかかわらず、学校行事の最中に生徒が熱中症にかかるニュースに接すると、あぜんとして腹立たしくなる。炎天下の体育や校外学習など、どうして臨機応変に対応できないのだろうか?特に年少者ほど体に筋肉が少なく、体内に水分がたくわえられないため、熱中症のリスクが高いと聞く。
きょうから夏休みに入った学校が多いので、学校で熱中症にかかる危険性は少なくなったが、この時期の屋外での学校行事について、ぜひ見直してほしいて願う。
 

聞き慣れない新語

 投稿者:甲斐の山申  投稿日:2018年 7月20日(金)13時36分55秒
  猛暑・酷暑の日本列島、皆さんのところは如何でしょうか。風通しの悪い内陸部に住む者にとっては連日釜茹でのような感じです。この暑さの中、大雨の災害地の方は復旧作業で大変なご苦労だと思います。ところで、アナウンサーが読むニュース原稿のなかで、「命に関わる危険がある暑さ」という言葉が耳につきます。今までに聞いたことのない新しい言葉だと思います。暑さ寒さも彼岸までのような情緒ある言葉とは違ってアナウンサーの声も切迫感を感じます。生死に関わるまで上昇してしまった気温、これも地球温暖化の現われでしょうか。だとすれば、どこかの大統領にも考えを直してもらいたいです。さて、いつまで続くこの暑さ、週間天気予報とにらめっこの毎日です。
 

情報に感謝

 投稿者:甲斐の山申  投稿日:2018年 7月17日(火)06時58分58秒
  広島の伊藤氏の情報有難うございます。テレビやラジオのニュース、本当に大変だと思います。忘れたころにやってくるといわれる災害、最近は頻繁に起こるので忘れる暇はないのですが何時どこで起こるかがわからないので明日はわが身と心得なければと思います。泥との戦い、伊藤さん、頑張ってください。それにしてもこの酷暑、こちらでもついに熱中症で死者が出ました。トランプなどどうでもいいので早く涼しくなってほしい。
 

伊藤輝久君からの返信

 投稿者:はせべ  投稿日:2018年 7月16日(月)20時11分21秒
編集済
  19時半過ぎに伊藤君から電話あり、
開口一番、“心配をおかけしました” 張りのある元気な声が耳に飛び込んできました。
すぐ下の小川が、経験のない豪雨により、大量の土砂を運んできて、あふれた土砂が床下まで入り込み、さらに下流の部落をつつみこんだとのこと。
幸いにも、町会にも、離れたら地区の知己にも失われた命はないそうです。
明日もあさっても片付けが待っていると言う言葉に、ただただ自分の体に気をつけるようとのことばしか出ませんでした。
水道水の悩みについては、多方面から水の提供を受けて、感謝しているとのこと。
ちなみに水道の復旧は23日の予定とか。
 

広島市安佐北区②

 投稿者:はせべ  投稿日:2018年 7月16日(月)10時51分19秒
  連日の猛暑日に皆さま変わりないですか?
先ほど荒井君から電話があり、広島の伊藤輝久君の被害状況を聞かれました。パソコンの不調でホームページを見ていない様子です。
私自身もその後、気になりながらも伊藤君に連絡していなかったので、そのあと電話で様子を聞いてみました。
奥様の話では、
状況は津曲さんが聞いた内容から何の好転もなし。
床下の泥は知人がかき出してくれたが、庭の泥は残ったままで、車が出せない。水道は断水状態。
伊藤輝久君自身は町内会長のたちば上、きょうも町内の片付けに出かけているとのこと。
報道されているように、熱中症が心配です。くれぐれも自愛されるよう言伝てて電話を切りました。
 

豪雨災害

 投稿者:はせべ  投稿日:2018年 7月12日(木)14時59分56秒
編集済
  山を背にして宅地がひらけ、山からはいくすじもの清流がくだり、田畑をうるおし、田の稲は半夏生ともなるとしっかり根をはり、山の緑田のみどりが目に染みる。日本全国どこにでもある風景が一瞬で泥に埋まってしまった恐ろしさは、どこででも起こり得ることで、逃れられないことなのだろうか?
自然環境に恵まれ、その恵みを受けて生活している人は自然の恐ろしさをも甘んじて受けなければならないのか?
西日本豪雨災害の被害者のなかには、”自然災害だからしかたがない”と答えたひとがいたが、本当に自然災害の一言で片付けて良いのだろうか?

その後、広島市の伊藤輝久君には2回電話したが電話に出なかったので、気になっていたが、津曲さんが連絡をとってくれ、後片付けに追われていることがわかりました。一日も早くもとの平穏な暮らしがもどることを祈念します。
 

豪雨 広島県安佐北区

 投稿者:津曲 潮  投稿日:2018年 7月12日(木)13時36分10秒
編集済
  先日長谷部さんから伊藤君の家は床下浸水したとの第一報がありました。
先ほどTVを見ていましたら、安佐北区からの中継がありました。山を背にした家並みに巨大なコアストーン、泥にもまれた流木。彼の家に電話をしたところ奥さんが出られて、現在は水も引き、大量の泥も片付きましたが、隣家がひどい状況なので彼は手伝いに行っているとのことでした。電気は復旧したのですが、水道は断水。近くの小学校に来る給水車や知人の家にある井戸から水を得ているとのことでした。水の足りない生活、辛いものです。お見舞い申し上げます。
 

ランキング

 投稿者:津曲 潮  投稿日:2018年 7月 9日(月)13時00分16秒
編集済
  長谷部さん、山甲さんの怖いものランキング、的確な表現で楽しいですね。「オヤジ」はとうの昔にランク外です。「オフクロ」は最初から入っておりませんが「女房」はランクの上位にあります。
また、千葉沖の地震の心配を戴きましたがあまり意識はありませんでした。地震速報で近隣の市の震度はTVで流されますが、松戸は出てこないのです。その理由①:松戸には地震が無いからと言う説、②市には地震計が無いという二つの説が市民の中にあるようです。地震が起きなければこれらの説は自然と消え去ることでしょう。
 

レンタル掲示板
/96