teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


絡みの写メ

 投稿者:M猫アンナメール  投稿日:2010年 2月16日(火)07時08分3秒
  顔ありで、絡みの写メあるけど
見たい人いませんか?
maluct1987@ezweb.ne.jp
 
 

(無題)

 投稿者:強姦事件に怒る主婦  投稿日:2009年 4月12日(日)15時31分58秒
  「女子高生コンクリート詰め殺人事件」の犯人に謝罪させましょう。

 横山裕史(当時は宮野)、神作譲(当時は小倉)、湊伸治など東綾瀬中学
卒業の少年が、東京都足立区綾瀬で起こした事件です。暴行殺害された女子高生は
ドラム缶にコンクリート詰めされ江東区の埋立地に棄てられていました。
遺体の手足や背中にはひどい火傷があり、乳首はライターで炙られ
溶け落ちていました。性器にはドリンク瓶2本が挿入されていました。
女子高生は、夜8時過ぎプラスチック工場でのアルバイトから帰り道
に誘拐されました。
女子高生は、湊の自宅2階に40日間監禁され、全裸で踊らされ、毎日暴行
されていました。女子高生が命令を聞かないと「刑罰」と言って体に揮発油を
塗られ火を着けられていました。性器を灰皿にされたこともあります。
 主犯以外は、裁判日数を除くと6年半以下の服役で仮保釈されました。
主犯=横山(宮野)は、仮出所後の保護観察期間が短縮され、
噂では取手の寝具店(実母=宮野静江が経営)で働いているそうです。

横山裕史(旧姓=宮野):S45年4月30日生 身長160cm
     平成20年秋 取手の実母(宮野静江)が経営する寝具店で働く?
     平成19年まで 川口市蓮沼298メゾンハイビス201
神作 譲(旧姓=小倉):S46年5月11日生 身長約190cm
     再犯、服役し昨年末に出所。足立区千住4丁目 藤善コーポ
湊 伸治:S47年12月16日生
    寝屋川市で福祉の仕事をしていたが、全国を隠れ住む
    平成18年の秋リュヒテンシュタイン人(?)と結婚
渡邊恭史:S46年12月18日生
     生活保護 横浜市?で姉夫婦と同居 母親=渡邊ヤス
相田孝一(旧姓=垣東):S46生、妻と娘2人
    平成21年3月長女が中学卒業、偽装離婚し再婚して妻の旧姓
    (相田)に改姓。 次女は来年小学校入学の年頃
湊伸治の家族 = 湊 靖人(父70歳)、湊 ます子(母69歳)
        湊 恒治(兄、S47年1月21日生)
 

地上デジタル放送への移行に伴う市の対応について

 投稿者:運河の目  投稿日:2009年 1月 7日(水)14時58分6秒
  12月議会にて駐輪場の一時利用券発行が採択されたことは大変嬉しく、議員に感謝し、放置車両が減少することを期待しております。

さて平成20年9月の定例議会の議事録にあった議員の地デジのアンテナ敷設の支援に関する質疑を読んで気が付いたことを提案します。
結論からいえば、流山市内の地デジ受信には室内アンテナやベランダ、軒先アンテナで受信可能ということを広報し、議会質疑に出された生活保護世帯・高齢者への地デジ受信支援の場合の対応も検討すべきということです。更に地デジ切替を契機に屋根の上のトンボアンテナを撤去して街の景観を良くすることができるということです。屋上のアンテナは電柱と同じくらい街の景観を損ねています。最近国交省は電線の地中化を加速するとの方針を打ち出しており、景観改善に絶好のチャンスです。

現在のアナログ放送では都心の高層ビルや東京電力の高圧電線の影響で流山、野田地区の各所で受信障害(ゴースト)があり、障害を軽減するため、高感度のアンテナを屋根の上に設置する必要がありました。幸いにも流山市は北端の運河でも東京タワーからは約40km、将来のスカイツリーからは27kmであるため、地デジの電波は十分な強度であり、システム上ゴーストは出ないので、ビル影以外は室内アンテナでも所定の電界強度は十分確保されます。

しかし一般に業者は現存のアンテナケーブルに接続できるので指定しないかぎり必要以上の性能でも受信クレームの少ない高感度アンテナの屋根上設置を提案するでしょう。ついでにアンテナポールの更新などすれば3万~5万円/件の費用が発生します。
幸い地デジのUHFアンテナには筒型とか弁当箱型でコンパクトなものがありますので、既存のケーブルを利用するにしてもベランダとか軒先設置にすれば、取り付けも簡単であり、屋根の上に高々とポールを立てておく必要がないので、コストもセーブできます。
但し、現在屋内で分配し複数台のテレビを受信していて順次地デジテレビに替えていこうとする場合、2011年まではアナログアンテナも併用せねばならないので、地デジUHFアンテナを混合して利用することになりますが、地デジアンテナは軒下などに設置しておけば2011年以降は屋根の上の不細工なアンテナは撤去できます。

そこで市当局として市民全体のために市内の各地区の地デジ電波の電界強度を測定し、必要なアンテナ仕様を広報すると共に生活保護世帯や高齢者支援作業の手順を計画しておくことです。政府、放送事業者、テレビメーカー、電気工事業者も取組むニーズのないテーマであり、市当局が地域に適した情報を提供していただきたいと思います。
 

市の広報

 投稿者:酒井むつお  投稿日:2008年12月 2日(火)17時55分23秒
  運河の目さんの情報には大変感謝しております。今回「自治体広報活動の現状」はとても参考になります。
市民向けにどんな情報があるかご存知ですか?
広報ながれやまが代表的ですが、環境白書、流山の教育、消防年報、流山の福祉、流山市行政報告書、ほかたくさん。(私は全部読んでいます)
統一性、内容の一貫性がなく、市民に読んでもらおうという内容ではない。
一冊読めば全部わかる「流山 Annual Report」のようなものを提案したいと思っています。広報紙についてはサイズはA4が絶対にいいと思っていましたが、貴殿の情報により
93%がA4判とわかり、自信をもちました。
市民がファイルして保存するのに好都合です。
議会便りは全く面白くなく、抜本的な改革が必要というのが私の感想です。
 

議会だよりに想うーその2

 投稿者:運河の目  投稿日:2008年12月 1日(月)18時53分23秒
  議会だよりのカラー印刷の経緯についてお知らせいただきありがとうございました。
議会として市民に読んで貰いたいトップ記事(?)があるべき壱ページに定例会の議事次第と議会の季刊スケジュールではよほど関心のある人以外カガミがカラー印刷でも読んではもらえないと思いました。さらに新聞の折り込みではカラフルな企業の広告チラシに目がいき、最悪は読まれずに広告と一緒にゴミ箱(回収箱)行きになってしまいます。
ちなみに全国の広報誌の調査でも自治会経由の配布が新聞折込の12倍もあり、新聞折込は少数派です。(下記:参考URL)。結論として専門家を入れた紙面作りの改善、編集委員に市民代表も加えることと合わせ配布方法も変えたほうが閲読率が上がり経費も削減出来るような気がしました。いっそのこと「広報ながれやま」と合体する方法もありではないでしょうか? 素人の思い付きですが・・・・・・

http://www.city.kawasaki.jp/73/73soumu/kouhou/pdf/jititai.pdf#search=%27%E5%B0%8F%E7%94%B0%E5%8E%9F%E5%B8%82%20%E5%BA%83%E5%A0%B1%20%E9%85%8D%E5%B8%83%E6%96%B9%E6%B3%95%27
 

議会便り

 投稿者:酒井むつお  投稿日:2008年11月23日(日)09時34分0秒
  運河の目さん、いつも的確なアドバイスをありがとうございます。
議会改革の取り組みの一つとして「議会便り」をいかにして魅力的にするか、がテーマとなりました。「広報ながれやま」は結構読まれていますが「議会便り」を読む人は非常に少ないと思います。ズバリ、内容が面白くない!これが私の意見です。
以前小田原市を視察で伺ったことがあります。
ここの広報紙は何回も全国1に選ばれたとのことですが、実に良く出来ています。この影響もあってか、議会便りも読みやすく編集されていました。
それ以来他市を視察する場合は必ず広報紙と議会便りを貰うことにしていますが、流山市の場合は広報も議会便りも検討の余地あり、と思います。

議会便りは各会派から委員が出て検討委員会を開催していますが、その結果カラーにしたものです。財政的理由でモノクロだったのですが、少しでも読者を増やしたいという理由でカラーにしたという報告を受けた記憶があります。
 

議会だよりのカラー印刷に想う

 投稿者:運河の目  投稿日:2008年11月17日(月)11時09分40秒
  11月15日に新聞折込で配布された「議会だより」で平成20年度写真コンクール入賞のとてもキレイな画像が表示され、“平成19年度決算を認定”と大書されていました。議会だよりは市議会の審議状況が分かるのでとても大切な公報だと思っています。
しかし、兼がね感じていたことは井崎市長が初当選して市政改革の一環で象徴的ではありますがそれまでカラー印刷であった「広報ながれやま」をモノクロに変えたことです。その後、「議会だより」は何時モノクロになるのかと注目していたのですが、いまだに表紙はカラーのままです。モノクロなら議会とは無関係な写真コンクールの画像は載らなかったでしょう。このことは実質的なコスト差もさることながら、各会派から編集委員会に参加していることを考えると、コスト削減に対する議会の姿勢が疑われるものではないでしょうか?
因みに広報と議会だよりの経費比較をしようと平成20年度の市の予算書を参照しました。 しかし広報編集業務委託料2400万円と折込手数料1200万円はありましたが、広報と議会だよりが編集・印刷は一括発注なのか議会費には折込手数料180万円はあるものの編集・印刷の委託経費は計上されていないので、比較できませんでした?
ついでながら財政危機の千葉県の広報、議会だよりも立派なカラー印刷であり同じ無駄使いではないかとの想いを感じています。まもなく、平成21年度の予算編成が始まるはずですので、関係者のお考えを伺いたいところです。
 

携帯電話ホリック対策

 投稿者:運河の目  投稿日:2008年11月13日(木)12時02分49秒
  11月13日のニュースで有害情報対策として「小学生には携帯を持たせない」と政府の教育再生懇が提言案をまとめたとの記事があった。
携帯電話のもたらす功罪はさまざまで一律に決め付けられないので、所持についてはひとまず置いておくとして、携帯電話の所持は小学生から始まっている。
そこで最近感じている中、高、大学生の携帯電話ホリックともいえそうな現象についての対策を提言したい。余談だが、近頃電車の中で携帯電話でしゃべっているのはオジサンかオバサンで若者はメール利用によって静かになった。
とは言え、最近の若者の携帯電話でのメール交換は凄まじい。聞くところに寄れば受信したら直ちに返信しないと無視したとか、仲間はずれになるとかで送受信が頻繁になるらしい。従って通学中であれ、授業中であれ、トイレであれ片時も携帯電話を手放せなくなってしまった若者が沢山居るようだ。授業中に授業そっちのけでメール交換をすることが当たり前になってしまった。また自転車に乗りながら携帯のキータッチをしていることも目に付く。
従って携帯電話を忘れて登校や外出したら、「死んじゃう!」とか「いらいらして、落ち着かない!」とまさに覚醒剤中毒並みの反応を示す若者が増えている。一部の学校で教室への携帯電話持込禁止などを叫んでいるようであるが、効果は疑問である。学生の意識改革に頼ることも必要だが、外部からの着信音を放置させるのは難しい。そこで教室に携帯電話の電波妨害器?(一部の劇場や振り込めサギ対策でATMに置かれている圏外器)を設置し、通信不可の環境(教室)をつくって、慣れさせることで携帯電話中毒から救う手助けをすると共に授業に集中させる施策を関係各所に提案したい。
生徒への緊急な連絡なら、学校の通常の電話を利用してもらえばよいし、メールの返信が出来なくてもそれは「圏外器設置の教室だから・・・」と相手にも言い訳ができ、授業にも集中できるはずである。メールは休憩時間に教室外へでれば着信できる。携帯メールを利用することのない?教育委員会の方々にご理解いただくのはたいへんであるが・・・・・・
 

運河の目さんへ

 投稿者:酒井むつお  投稿日:2008年10月14日(火)18時38分44秒
  あなた様は本当にいつもいいご提案を下さいます。
放置自転車問題は以前から行政の課題の一つであり、私の気になっていたテーマです。
この際、掘り下げて行政の見解も確認し、この「掲示板」で私の見解を述べさせていただきます。少し時間を下さい。
 

放置自転車対策に思う

 投稿者:運河の目  投稿日:2008年10月 3日(金)21時48分8秒
  10月1日の流山広報のトップページで「駅前は街の顔!すっきりきれいに」として、放置自転車のクリーンキャンペーンを市の安心安全課が呼びかけている。この記事は駅前をきれいすることで安全性を呼びかけ放置自転車の問題を列挙しているが、通勤・通学者以外で時折駅まで自転車で行きたい者にはとるべき方法がない。さらにガソリンの高騰のほか、温暖化対策としてのCO2の削減、メタボ対策のため自動車から自転車の利用を促進することが行政として新時代への対応であろう。そこで、あらためて放置自転車の理由を調査、分析し、もっと自転車が利用しやすいような街づくりの対策をすべきではなかろうか?

既に運河駅前には民間の有料駐輪場が2軒あるので、時々でも利用できるが小生の認識するかぎり江戸川台駅前には有料駐輪場はないので、必然的に放置状態にせざるを得ないのではないか?そこで提案として市が管理している駅前駐輪場の一画を使って年間契約だけではなく、1回100円から150円の代金で駐輪させる方法を導入できないだろうか?
それでも発生する放置自転車については有料駐輪場で保管しその場で駐輪料の倍額程度の処理料金を支払わせることも出来る筈である。場内を整備するシルバーの人に料金を扱わせることを懸念する向きもあるかもしれないが伝票の工夫で解決できる筈である。

更に自宅から駅へ移動する人と駅から学校や職場に移動する人の流れを調べ、他市で始めたようなレンタル自転車制度をつくり学生や通勤者に利用してもらい、駐輪場の回転率(利用率)を改善できないか試験してみてはどうか? 自転車は放置されて引き取られない自転車を利用することや乗り捨て、放置を避ける預託金制など細部の仕組みは検討しなければならないと思う。
いずれにしろ、緑豊かな暮らしやすい都市を志向し、且つ、公共交通網の貧弱な我が流山市としてはもっと自転車の利用環境を改善し、さらには主要道路以外は2車線を1車線にしたり車の一方通行や時間制限などで歩道区画を拡張し歩行者、学童や自転車、高齢者用電動車などが安心して通行できる施策を望むものである。
 

レンタル掲示板
/10