teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


グラウンド借用申請のお願い

 投稿者:女子連盟 長瀬 欣一メール  投稿日:2008年 5月 9日(金)11時18分37秒
返信・引用
  小林 様
 6月8日15日22日の埼玉県女子サッカー選手権で使用致しますグラウンドの借用申請をお願いいたします。
 
 

尾高監督 様

 投稿者:岩田晃広  投稿日:2008年 2月18日(月)00時10分2秒
返信・引用
  1度は流れてしまったハズの練習試合を、今日こうして改めて都合つけていただいたこと、感謝申し上げます。

上石レッズさんの練習内容は全て明確な意図があり、そんなチームをリードしていらっしゃる尾高監督の言葉にはひとつひとつ重みを感じております。

障害のある子ども達は純粋です。
知的に障害があっても、その分澄んだ瞳で人を見分ける力を持っています。
それだけに、この間キックを指導していただいている時の彼らの目は本当に輝いていました。
だって、教えてもらったとおりにやるだけで、今まで味わったことのない感覚が足に残るのですから。

貴チームからは学ばせていただけることが本当に数多く、定期的に「盗ませて」いただきたいと思っております。
私自身ももっともっと勉強し、気持ちだけでなく、確かな理論、確かな技術を教えられる指導者になりたいと思います。「フットベースボール」の専門家に!

今日は道具もルールも全てこちらに合わせていただいてしまい、貴チームの選手の皆さんもストレスを感じられたのではないかと思います。
その点だけが心配ですが、我々にとってはあと2ヶ月間でやるべき課題を明確に見いだすことのできた、本当に貴重な経験となりました。

この場をお借りし、改めて感謝申し上げます。
本日は誠にありがとうございました。
 

岩田監督へ

 投稿者:尾高泰平  投稿日:2008年 2月 4日(月)23時54分5秒
返信・引用
  拝啓
投稿を拝見しました。
我がチームを大変高く評価していただきありがとうございます。
子供達に代わりお礼を申し上げます。
また、先日は雪のために練習試合が出来ませんでとても残念です、近いうちまた予定を組みたいですね。
我がチームが今年よい結果が出せたのも貴チームとの出会いがあったことが
たいへん大きい意味を持っています。
昨年の春合宿の時の事でしたね、偶然神川元気プラザでご一緒させていただいて、
あの時の事は私にとって生涯忘れられない出来事でした。
土日の2日間の日程で土曜日の夜にお話しする機会があって日曜日に練習試合をしようということになりましたよね。
正直いって、軽い気持ちでレクレーションのつもりでいました。
忘れられないのは次ぐ日の朝のことです、目覚めてみると外は雨が降っていました。
この降りでは試合はできないなとすぐに判断していました。
そう思いながらホールに下りていくとそこにはユニホーム姿の貴チームの子供達が
嬉しそうに朝食をとっていましたね。
それとなく会話に耳を傾けると今日の試合が楽しみだという内容の会話ばかりでした。
はて、岩田監督はこの雨の中やる気なのかな?と子供達に中止と言えないでいるのかな?と疑問に思ってるところに岩田監督が私のところにやってきました。
そして岩田監督はこうおっしゃったのです「尾高監督、雨にぬれて子供達が風邪をひくといけないので終わったあとお風呂に入れるよう施設に頼んでおきました」と。
びっくりすると同時にこれが原点でなければいけない、試合が出来るという喜びを忘れてしまっていた自分が恥ずかしくなりましたよ。
私は常日頃子供達に感謝の気持ちを持とうと訴えているのですが私のこの心構えでは子供達に伝わるわけがありません。あの日から私は、なにかうまくいかないときや思うように練習が出来ないときはこのことを思い出して自分を戒めるようにしています。
なんでこんなことを今更ながら書き認めているのかというとそんな貴チームが負けることが
信じられないのです。去年関東大会での対東京戦惜敗の報を聞いたとき、「なぜ?」と不思議でしょうがありませんでした。今年こそは悲願の関東制覇を期待しています。
私も微力ながらお手伝いに足を運びます。
勝たなければいけないプレッシャーを是非楽しんでくださいね。
先日拝見した練習では秘めた可能性をたくさん感じました。
貴チームは王者の戦いが出来るチームであると確信しています。
では後ほどグランドで。
 

上石レッズ 皆様へ

 投稿者:岩田晃広  投稿日:2008年 1月20日(日)21時58分53秒
返信・引用
  前略

 埼玉県障害者フットベースボールチーム監督の岩田です。
 夏の熊子連を始め、数々の大会での優勝、本当におめでとうございます。
 「勝つこと」が全てではないけれど、勝てるようになるまでの悔しい気持ちや
 そのためのきつい練習、それらが積み重なって勝ち続けることができたことは
 これからみなさんの人生において大きな自信となり、支えとなっていくことでしょう。

 次は「Lリーガー」になるのかな!?
 それぞれの目標に向かって頑張っていってくださいね。

 尾高監督殿、本日はカルタ大会でお忙しい(!?)折、
 我々のチームのためにお時間を割いていただき、誠に
 ありがとうございました。

 同じようなことも教えていたハズなのに、たった1・2時間で
 あそこまで変わるとは正直驚きでしたし、同じ指導者という立場に
 ある自分が恥ずかしくもありました。
 とても勉強になりました。

 上石レッズのように選手とベンチとが同じ気持ちで試合に臨み、
 同じ気持ちでゲームをコントロールし、同じように喜びを分かち合える
 チーム作りを目指していきたいと思います。

 2/3は練習試合を組んでいただけるとのこと、
 胸を借りるつもりで、最強の挑戦者として挑ませていただきます。

 今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。
 

熊西 木部さんへ

 投稿者:尾高泰平  投稿日:2007年11月30日(金)19時17分13秒
返信・引用
  新堀杯では、くしくも別府スリーナインとの決勝戦となり、夏の熊子連決勝を思い出しながら試合をしていました。別府はすばらしい選手が揃ったとてもパワフルなチームでよく勝てたというのが実感です。特に私の娘と木部さんのお嬢さんは保育園同期ということもあり、よく存じているだけにやりにくかった面もありましたが「うちの子も別府でフットベースを始めたんだよ」とお母さんが言っていたときのことを思い出しながら、まさかこの子達がこんな風に決勝戦で覇権を争うようになるとは想像も出来ませんでしたから、お互い頑張ってきたねという思いで戦っていましたよ。
上石の6年生達は今後、フットベースはやりたくても二度と出来ませんので気持ちを切り替えてそれぞれ次のステージに進んでいかねばならないのですが、取り合えずは春までいくつかのサッカー大会を楽しみながら中学以降に向けて体力づくりが出来ればと思っています。
そして、たくさんの子がFC熊谷女子のU-15で活躍してくれればと願っています。
フットベースでは敵味方に分かれてしまいましたが、木部さんのお嬢さんや別府の他のメンバーの子達も是非一緒にサッカーチームで県大会に参戦していければと願っています。
応援ありがとうございます。
 

おめでとうございます。

 投稿者:熊西 木部メール  投稿日:2007年11月29日(木)16時39分11秒
返信・引用
  我が娘から新堀大会の結果を伺いました。
またまた上石さんに敗れたそうで悔しそうにしていましたが,熊子連大会は無得点で今大会は得点出来たことに多少は満足しているようです。
そしてこれから中学生になって部活動もありますが,是非とも”FC熊谷女子”が盛り上がっていくことを期待しています。
我が娘が,これからお世話になるかは現段階では?ですが,私もサッカーの指導者として子供を預かり,育てていく立場の端くれとして,お互いに頑張って行きましょう!!
前回は雨でお手合わせの機会が流れてしまったので,是非とも機会を作って対戦出来る日をお待ちしております。

http://kumanishi.com

 

見物人さんへ

 投稿者:尾高泰平  投稿日:2007年11月27日(火)12時35分7秒
返信・引用
  先日の新堀杯を観戦された感想を拝見しました。
子供たちがのびのび楽しそうにしていた様に見えたことは監督として嬉しい限りです。
今年の6年生は4年生の時から周囲の期待があり、勝たねばならないプレッシャーを常に
肩に背負わされていました。シーズンが始まりその気負いがあったのでしょう、優勝どころか決勝にすらいけない姿に子供たちは自信を失くしかけていました。私自身このままシーズンが終わってしまうのではないかと感じたのを覚えています。その時、私が子供たちに伝えたいことは、もしプレッシャーがあるのならなんとか除いてあげよう、チャレンジャーとして楽しむ試合をしようということでした。ですから子供たちがのびのび楽しそうにしていた様に見えたことは監督として嬉しい限りなのです。
結果として、たくさんの大会に優勝できて感謝の念が尽きることはありません、
その裏側で悔しい思いをしている子達の涙を私自身長年見続けてきました、今年はたくさん目の当たりにもしました。もちろん昨年までうちのチームの子たちも味わってきました、その思いは本当に忘れないで欲しい事です。
そして私が子供たちに覚えておいて欲しいのはその上で「逃げない、諦めない心」です。
6年生は中学に行っても、5年生以下は来シーズンにむけて、
堂々と歩いていって欲しいと願っています。
見物人さん、応援ありがとうございます。
 

お疲れ様でした!

 投稿者:見物人  投稿日:2007年11月26日(月)17時06分51秒
返信・引用
  上石レッズとして今期最後の試合を拝見させていただきました。
最後にしてはじめて、子供たちがのびのび楽しそうにしていた様に見えました。
今までは色々なプレッシャーもあったでしょうし、何より子供ですから
気持ちにムラもあったでしょう。。。
しかし、最後というのを知ってか知らずかわかりませんが、完全に吹っ切れて
笑顔で試合をしている姿に感動しました。
今期ほとんどの公式戦で優勝したそうですが、その裏側で悔しい思いをして
いる子達がたくさんいるのを忘れないで欲しいです。君達のためにも。。。
多分、負けた子は(特に6年生は)一生悔しいでしょうから。。。
中学ではフットベースという競技はありませんが、部活をやる上で、
技術的なこと意外にも大事なことがある事を胸に刻んで頑張ってください!
六年生はお疲れ様でした。そして、五年生以下の皆さんは熊谷市・深谷市
の他フットベースチームは打倒!上石レッズできますよ~!!
心機一転、新人戦に向けて(楽しんで)頑張ってください!
応援しています!!!
 

頑張れU-12

 投稿者:サポ-タ-  投稿日:2007年10月19日(金)20時48分13秒
返信・引用
  FC熊谷女子U-12県大会初出場おめでとう!
明日から行われる県大会、全力でがんばろう!
6年生にとっては、小学生最後の公式戦です。
練習してきたことを、すべて出し切って悔いの無い試合をしましょう。
頑張れU-12!
 

優勝放送

 投稿者:見習いその1  投稿日:2007年 9月 1日(土)20時53分56秒
返信・引用
  今日のチャンネル熊谷、夜7時から放送した熊子連番組見ました。
優勝の様子、感動が伝わって来るとても良い表情がバッチリ放送されていて
子供たちにとっても良い記念と記憶に残る出来事だったのではないかと思います。
インタビューされていた子の良い表情やいつものレッズの元気な応援。そして監督
の感動&興奮しきっているインタビューでの一言から最後の胴上げ。(涙こらえてた?)

上石レッズの楽しく強い活動を熊谷の方々に見てもらえたのではないかと思います。

レッズの子たちお疲れ様。

これからも強く楽しいレッズを応援してます。
 

レンタル掲示板
/4